日本精機とアルプスアルパイン、資本提携

当会会員企業、日本精機(株)とアルプスアルパイン(株)が、自動運転など CASE対応に備えて資本提携します。日本精機がアルプスアルパインの普通株式260万株、アルプスアルパインが日本精機の同300万株を取得するもので、次世代統合コックピット製品の開発を軸に協業を進めます。(R3.1.29 日本経済新聞)

(株)有沢製作所、脱ガソリン車に向けた技術展開加速

当会会員企業(株)有沢製作所が有する、特殊チタン箔に潤滑剤をミクロン単位の薄さで短時間で均一に塗る技術が、トヨタの燃料電池車「MIRAI」を支えています。水素と酸素を混ぜて発電するための流路(セパレータ)の成型に使われる技術で、金型の長寿命化に効果を発揮しています。同社は、この技術以外にも、軽量素材などの開発も検討しており、産業用構造材料・電気絶縁材料分野の売り上げを2025年3月期に192億円まで引き上げることを目指しています。(R3.1.28 新潟日報朝刊、なお、R2.12.23 日経での掲載もあり。)

(株)アドテックエンジニアリング、工場拡張

当会会員企業の(株)アドテックエンジニアリングは、5G対応のスマホ端末の普及や通信基盤整備による需要増に対応するため、約20億円を投資します。令和4年度までに、現在フル稼働している工場の生産能力を約40%増強するものです。同社は、プリント基板用自動露光装置で世界トップシェアを有していますが、今回の投資により、極端紫外光(EUV)を用いた次世代半導体製造を支える事業に参入します。(新潟日報朝刊 R3.1.22)

 

人財育成研究会の第1回ミーティングを開催しました

今年度からの新たな取組として、人材の確保・定着、あるいは組織力の発揮に貢献できる人材の育成をどう進めたらいいのか、会員企業の人事担当者などをメンバーとする「情報交換の場」として研究会を立ち上げました。12月22日のキックオフミーティングでは、アルプスアルパイン(株)様の事例発表で口火を切り、人事評価制度(MBO評価)をテーマとして活発な意見交換がおこなわれました。なお、会議運営の専門家(ファシリテーター)として、県内の自治体や大学、商工団体等で豊富な指導経験を有する吉崎利生先生に進行役をつとめていただきました。

開催日時 令和2年12月22日(火)13:30~17:00
会  場 NICOテクノプラザ 研修室 (長岡市新産4丁目1番地9)
内  容 〇 参加者自己紹介
○ 事例発表・・・アルプスアルパイン(株) ほか
○ 意見交換 と まとめ(課題の抽出)
対  象 NEIA会員企業の人事担当者
参加人数 10名(6社、ほか 事務局 2名)

参加者の皆さまからは、「(普段は聞けない)他社の人事制度や、人事担当者が認識している運用面での課題などを聞くことができて良かった」、「評価制度の運用の難しさを再認識したが、そうした意見を出し合い、認識を共有するプロセスを経ることによって、管理職に必要な素養やマネジメント力の内容が見えてきた」といった意見、あるいは、「そもそも、どういう『人財(人材)』を企業が求めているのか、それに向けてどういう教育体制をとり得るのか、ディスカッションすべきだ」、「人事評価制度という各論から入るのではなく、『人材育成』の総論を先に議論したい」といった意見も頂きました。
次回は、少人数に分かれた形式での課題の深掘りや、より幅広い事例の収集なども視野に入れ、研究会活動を実りあるものにしていきたいと考えています。
今後も会員の皆さまのご意見を基に運営して参りますので、参加をお待ちしております。