ダイニチ工業(株)、ファンヒーター、加湿器を増産

当会会員企業ダイニチ工業(株)は、暖房機器主力の石油ファンヒーターの在庫が大幅に減ったことから積み増しを図り、工場間での人員融通も実施し、年間を通じて増産を目指します。加湿器についても、家庭向けが好調なことから、5月も大幅な増産を行ったようです。(日本経済新聞 R3.6.15)

長岡市でモニター調査、日本精機㈱のCO2濃度センサー

当会会員企業日本精機㈱は、周辺空間のCO2濃度を測定し、分かりやすく表示する「CO2Lamp」を長岡市に無償貸与し、市庁舎や学校などで利用してもらい、寄せられた意見を今年8月末に予定している商品化に反映させます。6月10日、同社の佐藤浩一社長が磯田達伸市長に製品について説明しました。(新潟日報 R3.6.11)

㈱コロナ、大きな空間用加湿器発売

当会会員企業㈱コロナは、学校やオフィスなどで最大300㎡のスペースに対応できる多機能加湿装置を発売しました。加湿以外にも、消臭や除菌、空気清浄機能を持ち、従来の同社製品の倍以上の広さに対応したものです。(日本経済新聞 R3.6.10)

日本精機㈱、3密回避にCO2濃度センサーを開発

当会会員企業日本精機㈱は、光学設計技術を応用したCO2濃度センサーを開発し、今年8月発売に向けて市場調査に入ります。円柱型で直径8cm、高さ6cm、飲食店やホテル、会議室などで周りの雰囲気に溶け込みやすい柔らかなデザインです。機能もシンプルで「正常」は青、1000PPMに達すると「注意」の黄、そして「換気が必要」であることを知らせる赤と、3色で表示します。(新潟日報朝刊 R3.6.1)