当会会員企業、日本精機(株)の佐藤浩一社長のインタビューが新潟日報朝刊に掲載されました。(R2.10.6)

高齢化が進む中、交通事故の削減に寄与できるHUD(ヘッドアップディスプレイ)を今後のけん引役として期待していると語ったほか、収益性の改善に向け、部品ごとの必要性や業務プロセス、設備投資等の再点検を進めていることを明らかにしました。これらの取組により、2021年3月期の業績として、前年比85%程度まで挽回する見通しを示しました。