当会会員企業(株)有沢製作所が有する、特殊チタン箔に潤滑剤をミクロン単位の薄さで短時間で均一に塗る技術が、トヨタの燃料電池車「MIRAI」を支えています。水素と酸素を混ぜて発電するための流路(セパレータ)の成型に使われる技術で、金型の長寿命化に効果を発揮しています。同社は、この技術以外にも、軽量素材などの開発も検討しており、産業用構造材料・電気絶縁材料分野の売り上げを2025年3月期に192億円まで引き上げることを目指しています。(R3.1.28 新潟日報朝刊、なお、R2.12.23 日経での掲載もあり。)