当会会員企業日本精機(株)の佐藤浩一社長は、魚沼市立広神西小学校で6年生33人に出前授業を行いました。自らの小学校時代のことや、仕事に対する使命感などを語りかけ、子どもたちが将来の夢や仕事を考えるヒントになったようです。佐藤社長は、今年9月にCOVID-19感染予防に役立ててほしいと、同小へ二酸化炭素測定器10個を寄贈した縁から授業開催につながったようです。(新潟日報 R3.12.14)